ランドセルは重さを比較して選ぶ


現在のランドセルは200g~300gの重さは違っても、教科書を入れて背負って軽く感じるランドセルは沢山あります。重さを重視して選ぶ時代は終わりました。

ランドセルを選ぶときのポイントとして、少し前までは「重さ」をかなり重視していました。少しでも軽いランドセルを探しているお母さん方が多く、600g台のランドセルがあったぐらいです。600gのランドセルは常識的に考えると、かなりのパーツが省略されたり、革が薄かったり、金属パーツがプラスティックになっていました。

当然壊れやすく6年間持つわけもないランドセルでした。 現在は、体にフィットした体感重量の軽いランドセルが多いのでそれほど重さは気にならなくなっています。牛革やコードバンのような自然皮革は、クラリーノのような人工皮革よりも多少重いのですが、背負ってみると軽いのに驚く子供やお母さん方が多いのです。

ブランド別ランドセルの重さ比較

ランドセルブランド 重さ  素材
フィットちゃん

 A4クリアファイル対応:1,080~1,210g

A4フラットファイル対応:10401,270g

 ◎クラリーノエフ2~クラリーノタフロック
(クラリーノタフロックは最も丈夫でやや重い。)

*画像は1,270gのプレミアムゴールド安ピカッタイプ(a4フラット)

premium-anpika2016

 

天使のはね

 A4クリアファイル対応:1,080~1,230g

A4フラットファイル対応:1,130~1,270g

◎クラリーノR エフ「レインガードR Fα」
◎クラリーノRエフ「レインガードR Fx」
◎クラリーノR レミニカRパール

*画像は1,270gのコンバース・モノトーンボーイ

converse-monotoneboy

ララちゃん  1,1701,260g

 ◎ベルバイオ5

1,260gのティティエ・ティティはとってもお洒落

thithiethithi2016

鞄工房山本  

1,400g(牛革)
1,450g(コードバン)

 

◎ 牛革

◎コードバン

画像は1,450gのオールコードバン

2016allcordban

萬勇鞄  

1,200~1,250g(人工皮革)
1,400g(牛革)
1,450g(コードバン)

 ◎タフガード、パール系タフガード(人工皮革)

◎牛革
◎コードバン

*画像は1,450gのクローネティアラコードバン

001-20160113-065549

 

 

 

 

ブランドランドセルの重さのまとめ

最も重いのはコードバン、次いで牛革です。こういった自然皮革はやや重いのですが、クラリーノなどと比較すれば200g~400g重いです。

わが子の体格や体力を考えて選ぶ事になるでしょう。その時には子供はすぐに成長するということも考慮に入れておきましょう。


コメントは受け付けていません。