その2.背カンと肩ベルトの理解~ランドセル選び方のコツ5つ~


20160211sekantokatabelt背カンと肩ベルトは背負い心地を決めるのに大事です。ところで、背負い心地は背負ってみればすぐにわかるかというと、子供の感じですから正確に伝えてくれるかどうかは、なかなか分かりません。

背負いにくいと子供がいったとしても、肩ベルトの長さが合わないからかもしれません。少し長さを合わせてあげれば心地よく背負えるかもしれないのに・・・

お店の販売者のいう事をそのまま鵜呑みにするのも良くないです。疑ってかかる必要はありませんが、売る側の都合の良い説明になっている事は間違いありません。結局実際に背負うことも大事ですが、親が選ぶポイントを少しは理解しておくことが大事なんですね。

ランドセルの背負い心地を決めるポイント

 

1.背カン
2.肩ベルト
3.背負った時のランドセルのバランス
4.背当て

背カンと肩ベルト

sekankoteigata背カンは肩ベルトとランドセル本体とを結ぶパーツです。だから背負った時のバランスやフィット感を決めてしまうと言っても過言ではありません。だから画像のような固定型の背カンは、肩ベルトが開かないので成長するにつれて着脱が難しくなってきます。

 

 

 

左右に開くタイプの背カンがおすすめ=左右非連動型背カン

2015fitchan-2おすすめするのは、背カンが左右に開くタイプのものです。背カンが開くと肩ベルトが左右に開くので、背負うとき、降ろす時にとっても楽ですし、ランドセルを背負っている時のバランスも自然にとれます。このサイトでは、左右に開く背カンをおすすめします。

⇒ フィットちゃん、鞄工房山本、萬勇鞄、ララちゃん

2016tensini-hane2-2

 

左右に開く背カンは「左右別々に開く」タイプと「左右同時に開く」タイプの2種類があります。どちらが背負いやすいかについては色々と意見があるようですが、問題にするほどの違いは無いというのが色々と調査してみての結論です。

 

 

背カンの動きから分類した背カン

このサイトで紹介しているランドセルの背カンは左右に動くタイプばかりですが、左右が連動して開くのは天使のはねだけで、あとは左右はそれぞれ別々に動くタイプばかりです。

この2つに大きな違いは無いと思いますが、左右別々に動くと場合によっては使いやすいという感想が寄せられています。

背カンの動き ランドセルメーカー

左右同時に開く・閉じる

左右連動型背カン

天使のはね~セイバン~

左右別々に開く・閉じる

左右非連動型背カン


フィットちゃん(フィットちゃん背カン)
鞄工房山本
萬勇鞄
ララちゃん

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。