鞄工房山本ランドセルの素材の特徴


素材

 

素材 特徴1. 特徴2.

 

 

牛革

牛革は世界レベルの選りすぐった牛革を使っています。

外国産の最高品質の牛革を国内で鞣(なめ)しています。硬貨で表面をこすっても傷がつくことがないほどです。

P20151230

革の厚みの半分まで防水材がしみこませてあるので、濡らしたままで手入れしなくても大丈夫なほどです。

防水加工に最も優れたレベルで対応しているメーカーだと言えます。

hassukakou

 

 

 

 

 

 

コードバン

コードバンは宝石に例えられるぐらい美しく手触りも非常に滑らかで素晴らしいものです。

強度も牛革の何倍もあります。6年間使用した後でも、新品の状態に見えるというのはあながち大袈裟ではありません。

2015cordba

 コバ塗仕上げ

鞄工房山本のランドセルはコバ塗仕上げが施され非常に美しい仕上げになっています。

コバというのは、革の切断面のことです。コバ塗仕上げはニスを何度も塗り重ねて完成する非常に時間のかかる手作業によるものです。

このコバ塗りはまず禿ることはありませんが、万が一剥げても保証で再仕上げをしてくれます。

kobanuri

 


コメントを残す

CAPTCHA