萬勇鞄の素材はどうなの?


萬勇鞄の素材は3種類です。人工皮革はタフガード、パール系タフガード。

自然皮革では牛革とコードバン。これら4種類の素材が使われています。萬勇鞄は工房系ランドセル=自然皮革を主な素材としてランドセルを製作する工房ですが、タフガード素材は軽くて丈夫なランドセルが可能なので重宝しています。

萬勇鞄の素材

素材 説明
コードバン 2015FIT12コードバンは何の革かご存知でしょうか。馬のお尻の革です。牛革と比べても数倍の強度がありとても緻密にできています。かなり緻密なのでまるで宝石のような艶が美しく手ざわりも大変滑らかです。

かなりの強度だけでなく耐傷性もあるので、正に鬼に金棒でとても頑丈です。希少性もあり、ランドセルのカブセが一頭から2枚しかとれないほど希少です。

牛革 Image 3天然皮革=自然皮革では牛革が一般的です。牛革は使い込むほどに味が出るので、6年を経過すると、ランドセルにも自然の風合いが研ぎ澄まされてきます。牛革の特性として、吸湿性や通気性に優れているので、背当てに使われるぐらいです。
タフガード(パール系タフガード) Image 4有名なクラリーノに匹敵する人工皮革です。タフガードは人工皮革という性質上、様々な色に染めつけられるのでお気に入りの色が選びやすくなっています。
パール系タフガードには光沢がありますが、高級感のある光沢です。雨に強く軽量で柔らかい素材なので、小柄なお子さんにピッタリです。

 


コメントを残す

CAPTCHA