フィットちゃんの子供標準は大事なポイントばかり


Image 11
人気のランドセルフィットちゃんは、信州大学繊維学部との共同研究で子供標準の5つのチェック項目を作っています。子供たちの成長を助け元気に通学できるランドセルにするための5つの項目です。

子供標準 5つのチェック項目

1.成長と体型に合わせて楽に背負えること

2.自然な姿勢を保ち、肩や腰への負担が少ないこと

3.背中がむれにくく、快適に背負えること

4.丈夫で6年間使えること

5.子供の安全を守れること

成長と体型に合わせて楽に背負えること

肩ベルト

 

2016fitsekan2016fit-belt

体に合わないランドセルは肩ベルトが窮屈だったり、ランドセルが変な当たり方をしたり、ランドセルの下の方が腰に圧迫を加えたりして、体に大きな負担をかけます。

人気のフィットちゃんランドセルの肩ベルトは、背カンが左右別々に動くために肩ベルトもそれに連動して左右に別べつに動くようになっています。子供が大きな体格であろうと、小さな体格であろうと担ぎ下ろしがラクラクでできる事は捨てがたいメリットですよ。小学校高学年になって肩幅が広くなっても、楽に背負えて楽に降ろせるランドセルって案外ないものです。

また25度の立ち上がり角度がついているので肩にフィットします。これは背カンの構造により自然な角度がついているので、違和感はありません。

自然な姿勢を保ち肩や腰への負担が少ないこと

2016naturalposture

ランドセルは教材を入れて背負います。そうするとランドセルと教材とで3~5kgの重さになるのが普通ですから、ランドセル売り場でよく見かけるように、何もいれずに空で背負って重い、軽いと言ってもあまり意味は無いのです。教材を入れた状態で、背負いやすいかどうかをチェックする必要があります。

フィットちゃんランドセルでは更に背負いやすく考えてあります。教科書入れて背負っても、ランドセルが後ろに引っ張られないから楽ですよ。後ろに引っ張られないための工夫は、ランドセルと背中との接触面積を大きくする工夫が非常に効果的です。背中とランドセルの背当ての接触面積を広くすれば、ランドセルの重さは後ろではなく、下に働くので子供は自然な姿勢を保てるようにしてあるのです。こうして肩や腰への負担が大きく減らしてあるのです。

背中がむれにくいので快適に背負える

20160826

背当てには通気性に富んだ「エアーフレッシュ(R)」という素材が使われています。この素材は背中がむれにくいので、夏の暑い時でも快適な通学ができるので、学校嫌いにならないという効用もありますね。むれにくい工夫というのは、背当ての形状が空気が流れるようにしてあることです。そうすることで、汗による水蒸気を外に排出して背中の温度を上げずにすみ、汗をかきにくくしてあります。

6年間使えるほど丈夫なこと
2016triple-guard

ランドセルで一番力がかかって壊れやすい部分と言えば、肩ベルトの通し穴です。フィットちゃんランドセルでは、そこに補強の生地を2重補強することで、一般の肩ベルトと比べて引っ張り強度を1.78倍にしてあります。一番型崩れをしやすいマチ部分を3方向から補強するトリプルガード機構で型崩れ予防をしています。

子供の安全を守っている

夜間歩いていても、遠くからでもドライバーに見えやすいように、4方向から見える反射材がついています。いち早く車や自転車のドライバーに子供の存在を伝えるので安全が保てます。


コメントを残す

CAPTCHA